レーダー衛星画像からオイルスリックと呼ばれる、海底油田由来の海表面の特徴をAIを用いて自動解析することに成功しました。

オイルスリックの把握とマップ化はこれまでも熟練した専門家がSAR衛星画像の目視により判別をしていましたが、衛星データの量が増大する中、自動的な処理能力が求められています。弊社ではAIを活用してオイルスリックの大きさや位置、数量などを90%の確率で自動解析可能なソフトウェアを開発しました。これにより全球のオイルスリックの発生状況を自動処理することが可能になり、SAR衛星データが増大する今後の状況にも対応し、タイムリーなマーケットへの情報提供が可能になります。