同じ場所の2時期のSARデータを位相レベルで干渉させることで、ミリ単位で地表面の変化を読み取ります。

イタリア・ミラノに本拠地を置くInSAR専門の技術開発企業TRE-Altamira社との提携を通じて、最新のInSAR技術である「SqueeSAR™」の日本国内における展開を行なっております。これまで利用の多かったエネルギー/土木建築の他保険業界,不動産業界,メディア業界に向けた利用促進を行なっています.ESAが運用するSentinel1衛星を用いた、2018年6月までの2年半に渡る日本全土の解析結果をご用意しております。

詳しい資料はこちら