2時期の画像から自動的に変化を検出します。特にこれまで単純な画像比較で変化検出が難しかったSAR画像について、AIを活用することで検知したい変化のみを検出することが可能となりました。


時期の衛星画像を比較することで、その期間の変化を読み取ることができます。弊社では光学衛星とSAR衛星の変化検出を組み合わせることで、現在入手可能な限られた衛星データから継続的な変化の抽出を可能にします。超小型衛星の活用の進展などにより光学衛星の変化検出能力は向上していますが、SARに関してはノイズが多い画像の特徴から変化の検出が難しく、光学と組み合わせた継続的な解析は難しいとされていました。SAR衛星は雲がある場合でも影響を受けず地表面の状況を捉えることが可能です。対して光学衛星は雲があったり夜間は観測することができません。入手性の高い光学衛星と、天候や時間に左右されないSAR衛星のデータを組み合わせることで、より高い時間分解能を実現します。
弊社では、それぞれに専用のAIアルゴリズムを開発することで、目的とする変化のみを抽出可能にしました。新たな建物検知による都市の広がりの解析や、用地利用状況の変化など、現在得られる衛星データを最大限に活用した自動解析が可能です。