農作物の作付け作物の特定や、作付状況、生育状況の把握を光学およびSAR衛星のデータを組み合わせることで、より継続的な観測を可能にします。

光学衛星を用いてNDVI(正規化差植生指数)を計算することで、作物の生育状況を把握することが可能です。しかしながら光学衛星では雲がある場合に観測ができないため、収穫時期を特定したり観測したい時期にデータが得られないなど実用上の問題があります。弊社では雲の影響で得られない時期をSAR衛星データを活用することで補完し、より継続的な観測を可能にします。育生状況の特定にはAIを活用し、従来光学衛星で行われてきた作物の作付状況、育生状況把握をSAR衛星データでも可能にします。

これらの情報は、農作物流通やマーケティングなど、総量を大まかに把握することで活用可能な産業への展開を行っております。